ADってどんな仕事 About AD
ADってどんな仕事 About AD ADってどんな仕事 About AD
採用情報

リサーチ

Assistant Director

会議で放送する内容が決まったら、まずはリサーチ開始!地道な仕事ですが、この結果で、面白くなるかが決まると言っても過言ではないので、とても重要!

Director

ADの調べたリサーチ結果をチェックし、総合的に判断。

ロケハン&シミュレーション

Assistant Director

内容リサーチで見つけた場所・物が本当におもしろいのか?実際に、その場所に行ってチェック!

Director

考えている内容が実現するのか。そして、さらに面白くするために、シミュレーションをします。

ロケ準備

Assistant Director

スケジュールやカンペ書き、書類作成や美術品チェック。AD同士の打ち合わせで各自のタスク確認をしたら、寝て、体力温存!

Director

ロケ前に、台本・段取りなどの最終的な打ち合わせ。
さらに、ADの作った資料のチェックなど、ロケが無事に進むかプレッシャーMAX!

ロケ当日

Assistant Director

タレント控え室の準備、次のロケ場所への先乗りなど、手分けしてテキパキと。ロケ中は、ディレクターのフォローへ。ロケ最後の仕事は、後片付け!番組の「命」ともいえる収録テープの管理は厳重に!

Director

技術・美術と最終打ち合わせし、本番へ。
タレントへの指示や、現場で生まれる突然の「笑い」など、臨機応変に対応しながら、進行。

スタジオ収録 カメラリハーサル

Assistant Director

立ち位置を決めたり、どのカメラで撮影すると、より良い画になるか、タレントの代わりになってリハーサルを行います。

Director

カメリハをうけ、カンペを直したり、美術品の追加などをADに指示。
さらにタレントとの打ち合わせを行い、本番へ。

収録本番

Assistant Director

収録中は、ディレクターのフォローへ。
各所と連携を取りながら、スムーズに収録を進めていきます。

Director

「フロアD」(タレントに次のネタの指示をしたり、現場で臨機応変に対応する)と、「卓D」(サブと呼ばれる部屋で、収録している映像を見ながら指示を出す)に分かれ、それぞれ進行します。
収録後は、みんなで反省会!

仮編集

Assistant Director

ディレクターのオフライン(仮編集)中に、情報の裏取りや映像の手配などを行います。
必要となればインサート(追加映像)ロケへ。

Director

収録素材を専用のパソコンに取り込み、おもしろい部分を切ったりつなげたりするオフライン(仮編集)からスタート

編集

Assistant Director

タレントの名前や誤った情報がないか、目を凝らしてチェック。そして、ディレクターからは、編集の技を盗んでいきます。マニュアル本を見るより実践です!

Director

編集所で、オペレーターに作業してもらいながら、どんなテロップを入れたら面白くなるのか、
視聴者に伝わるかを考えています。

MA

Assistant Director

ナレーション撮りでは、原稿に間違いはないか、ナレーターさんの言い間違い、発音などをチェックします。

Director

ナレーターさん、BGMなどがイメージ通りかチェックしながら、完成する様子を見届けます。

ON AIR

全ての作業が終わったら、あとは放送を待つのみ!
担当になれば、エンドロールに名前が放送される、
あの感動は忘れられません!